default

ボディーの傷

ボディーの傷

今日河原を走行していた時、ボディーに嫌な音を感じました。左スライドドアに鈍い音がしたので車から降りて確認したところ、傷ができていました。

見た瞬間とても残念な感覚に陥りましたが、原因を探るためにあたりを見回しました。あたりはぬかるみがあり、蛇行しないと泥をはねてしまい、車が汚れる舗装されていない道路です。

自分が通った道は、去年の大型台風の影響で枯れ木が流されてきていました。その小さな木片をタイヤが踏み、その反動でスライドドアにあたったとわれ、3センチくらいの傷を作りました。

傷を触ってみると指にかかる程度で、へこみはありませんでした。しかし、指にかかるという事は、塗装をはがしているという事になり、このまま放置しておくとさびてしまいます。

カラーコートのワックスで埋めようと考えましたが、ワックスが取れてしまえば傷が目立ちます。カー用品を販売しているところでボディーペンを購入し、タッチアップで補修するしかないように思え、カラートリムと呼ばれる車の塗装番号を調べることにしました。

カラートリムは車体番号を記載してあるプレートに書かれているので、ボンネットの中か、ドアのストライカと呼ばれる部分にプレートが付いています。

そのカラートリムコードをもとに、車の色がわかるようになっています。販売店にそのコードを持っていき、タッチペンに記載されているトリムコードと一致しているペンを購入し、傷のついた部分を補修します。

傷の程度とボディーカラーにもよりますが、日光にあたって紫外線を受けたボディーは色が合わない場合が多いです。

ボディーペンは補修が目的で、わからないようにするには板金塗装してくれる業者に依頼するしかありません。ちょっと悲しい出来事になってしまいました。

?

ボディーの傷